Mamiko Takayanagi

アーティストステイトメント 

HOME

 

 私の作品テーマは「繋いだ風景」である。地元京都から東京、そしてドイツ留学を含めレジデンスプログラムなど、様々な国や町で制作活動を行ってきた。そして私はその町の中にある一瞬一瞬変わりゆく風景の中で生きてきた人達や文化に触れ、そこから感じた自分の感情を色や形で表現してきた。日本から離れて私はどこへ行くのか、私が居る場所はどこなのか、不安や孤独の中にある今居る幸せを移り変わる季節に変えて色や形で表現し続けてきた。個展のタイトルにも使用した「幸せな孤独」の中、異国で制作をしていた。

 

2014年に京都を再び拠点として活動を再開して以来、慣れ親しんだ国に戻り、「幸せな孤独」を感じながら海外で制作をしてきたのとは逆に言葉や文化も分かり合える「群衆」の中に戻ったのだが、それが私にとって「居る場所」なのか。「群衆の中での孤独」で日々制作している時に、見たまま感じたまま色をのせるスタイルから過去にいた場所を思い出す過程として削るという作業を組み立てた。削るだけではなく、そこからまた色を付け加えることにより、キャンバス上での過去と現在の空間の融合、つまり私が居る、ワタシが居た場所を「削る」という行為により過去への接点を創り出し、そして削ったところをまた色や形を加えることで現時点からその過去に居た場所への空間を繋げて行くのである。

 

「社会の中に存在する自分」を考え、自分について対峙し、作品について対話する。

 

私はどこに居ても、どのような環境であっても制作は続けていく。今居る場所が私にとってのHOMEであり、また次のHOMEを探して過去と現在、そして未来を繋げていくために色を重ねていくのだ。

 

 

 

“colorful space”

 

 

 

作品は一貫して油絵を使用している。油絵の重厚感が私の表現したい色を生み出しやすいからである。

 

過去にその土地で感じた自分の感情を思い出し、まず10層以上様々な油絵を塗り重ね、そこから形を削りだし、偶然を伴って出てきた色を形づけ、またそこから新たな色を足して融合させていく。油絵での作業は乾燥に時間がかかるが、削る作業の際、油絵独特の半乾きの混ざり合った色、また反対にしっかりと乾いて削るたび目立つ色。薄く重ねたり、厚く塗り重ねたりと、表現方法が多様である。色と形のみで表現する私にとって、色を創り出すことは重要なことである。自分の感覚を信じ、研ぎ澄まし、自分で納得する色を作り、キャンバスにのせる。無限にある色の世界はまだまだ私に驚きと魅了をもたらしていくであろう。

 

 

 

 

Artist statement (ENGLISH)

 

 

“Home”

 

 

The theme of my work is ‘interlaced scenes’. My artistic endeavors and journeys have taken me from hometown Kyoto to Tokyo, Germany, and various residence programs in different counties and cities. In each town, I have seen and experienced the ever-changing scenes in lives of people and their cultures. My art represents my innermost emotions connected to those experiences, manifested in the form of colors and shapes. Away from my home in Japan, I often wondered where I truly belonged or where I was going. There were anxiety and loneliness, but also contentment within them. These emotions, in addition to the changing seasons of my surroundings, have always been put into my artwork. In foreign lands, or in ‘blissful solitude’ as my exhibition was titled, I have continued to be creative and productive.                                                                                                                                                In 2014, I found myself based in Kyoto again, with a crowd of familiar people, whose language and culture already ingrained in me. This was unlike my days of ‘blissful solitude’, although my soul continued to question if it truly belonged there. My former style involved simply pouring my emotions onto a canvas just as I saw and felt. Since then, the process of scraping off the colors has been introduced, as a means to reflect on the past. Not only that, but by inserting new colors on top of what has been shaved, the present time is now added. The act of scraping into the ‘places I had been’ reveals an access to the past, into which I layer new colors and shapes, thereby interlacing the scenes of the past and present.

 

I often reflect upon “my own existence in the society”, contemplating and confronting myself and my own work. Neither changes in environment nor circumstances will prevent me from being artistically productive. Wherever I am placed at any given time becomes my ‘home’. Then, in the process of searching for a new ‘home’, new colors are added, in order to interconnect my past, present, and future.

“colorful space”

 

Oil paint has been used consistently throughout my work. Its thickness and texture are ideal for my expression in the desired colors.

 

As I recollect on my impressions from particular place of the past, more than ten shades of the oil paints get layered on top of each other. Then, they get shaved and scraped into different shapes, later to be fused with even more colors. During this process, unexpected tone can also emerge from the layers. The resulting coloration is diverse, from the colors that become more vivid as they are dried and scraped, to unique mixture of paints that are not completely dry, and even different thickness and texture.  

 

As my style involves expression only through the means of colors and shapes, creating one color is an extremely crucial process. Trusting in my own intuition with an undivided attention, a new color is made. Only when I am convinced of the resulting color, does it go on the canvas. The world of innumerable colors never ceases to fascinate me.   

                                        translator: Yuta Sugano

 

more Texts about Mamiko Takayanagi

宮田徹也 

1970年生まれ。高校留年三回、中退、和光大学卒、2002年、横浜国立大学大学院修士課程修了。現在、嵯峨美術大学客員教授、日芸美術学部非常勤講師。図書新聞、週刊新聞新かながわなどに寄稿。

 

近年、髙柳麻美子は旺盛に活動を繰り広げている。私は髙柳の作品を注目していて、2019年5月に、長谷川一郎との二人展「燃え滾る溶岩と太古の森」を枝香庵で企画した。髙柳はその後も個展を繰り返し、自己の作品の探求を続けている。

今回の展覧会で髙柳は、また新たな視覚を獲得したようだ。髙柳は、16点の作品を出品した。大型、中型、小型、矩形、円、キャンバスを合わせたものと、多様に展開しているようには感じるのだが、軸はぶれない。

髙柳は絵具をフラットに塗って色面を構成する箇所と、様々な色の下地を彫刻刀で削り取ることによって偶然に生まれる色彩を組み合わせて画面を構成する手法は以前からだが、今回は彫刻刀の部分が際立って見える。

《in my spring place》(油彩・キャンバス|130.3×324.0cm)を見てみよう。巨大な画面は二つのキャンバスによって成り立っている。二つのキャンバスが接する辺あたりに展開している、泡沫上の色彩。これは、我々の深層なのか、表面なのか。

円やキャンバスを組み合わせた作品も、奇抜を狙っていない。F・ステラのように、必要に応じてそうなっているので、とても自然な姿に見える。そのような感触を保ったまま髙柳の作品を見ると、髙柳は「空間」を描いていることが分かる。

それは、どのような空間か。実際の場所か、心の居所か。髙柳の作品のテーマは「繋がり」である(「燃え滾る溶岩と太古の森」フライヤ)。髙柳は私と鑑賞者、貴方との繋がりによって生まれる空間を描いている。

そのため、描かれているのは私でも貴方でもない。この関係性を髙柳は描くことによって代弁しているのである。《in my spring place》の泡沫は水の沸点、若しくは氷の凝固点の印象を彷彿させる。どこからの沸点と凝固点か。

それは、我々の体温が基調となっているのではないだろうか。我々の関係性とは、常に発熱している。その発熱が高いか低いか問題ではない。動きがあることに意義がある。喜び、悲しみ、歓喜、恐怖、という二項対立では留まらない場合もある。

我々は思考停止に陥っては、ならない。発熱しながら、思考を続けながら、繋がり続けなければならない。なぜ「ならない」のか。生きているからだ。我々は受精するように、自己だけではなく他者との心の触れ合いが不可欠であることを、髙柳の作品は教えてくれる。

Jerry Zeniuk

The paintings of Mamiko Takayanagi are abstract, but somehow, one feels there is a story in the painting and something real to see.  They are in fact  abstract color forms that are organized chromatically to give a sense of harmony creating an image that makes one forget the formalist organization.  The motivation or vision of the paintings is the transcendent quality that makes the work magical.  A good painter doesn't let you see all the work, instead let's the work lead the viewer to the vision.  The paintings observe all the classic rules of painting that have existed for centuries.  They are flat and spatial.  One color is dependent on the other colors.  There is internal proportion, both compositionally and chromatically.  They provide the viewer with the visual vocabulary to understand the work.  

This does not explain why the paintings of Takayanagi are original.  I still believe originality is one measure for judging works of art.  I think there are of course many elements that give her work its special quality.  Her color sense is unique and combined with the flat application of paint and the feeling of space achieves a specific element of time.  Normally one doesn't speak of time in color painting.  It is the attention to the surface of the painting in contrast to the image of the finished painting that creates a tension that makes time relevant to looking at the work.  The paintings are slow and fast at the same time.  This makes me accept the painting.  And this makes the painting present.  One can't ask for more.  

Last updated!

 

EXHIBITION VIEWS

PRESS

TEXT (宮田徹也氏)

CV

 

個展 "sunny place”

Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi

 

 

 

Last update:  Nov. 23. 2020

 

 

Contact

lives and works in Tokyo.

mail@mamiko-takayanagi.com

 

or

 

mamikotakayanagi@gmail.com